【イベント】ALL JAPANで取り組むオリンピックムーブメント!


20160514two

オリンピック憲章の根本原則に、以下のように書かれています。

 

2.オリンピズムの目標は、スポーツを人類の調和のとれた発達に役立てることにあり、その目的は、人間の尊厳保持に重きを置く、平和な社会を推進することにある。
このように世界平和を目的として開催されるべきオリンピックが国家の威信を高揚するものとなり、メディアを通して、経済効果や、目標のメダル数に、人々の関心は向き、賄賂の問題が取り沙汰され、フェアプレー精神やスポーツマンシップが影を潜めてしまっています。
真のオリンピック精神を、はっきりと知って、世界の国々や人々に「おもてなし」の心を伝え、世界に平和を訴える。
そこにこそ、東京オリンピック開催の意義があるでしょう。
5月14日に八王子市で開催されたイベント、「スマイル東京」では、2020年の東京オリンピックにむけて、海外の訪問客を、笑顔で迎えるために、今後どのような、新しいおもてなしの試みができるかを一部では、「オリンピズムの伝道師」舛本 直文教授、元カヌー競技 オリンピック選手 中野 忍さんの、お二人が、具体的に語って下さり、二部では、ワールドカフェ形式のワークショップで、「ALL JAPANで取り組むオリンピック ムーブメント」をテーマに、参加者の皆さんの熱気に溢れた話し合いが繰り広げられ、会場は、大いに盛り上がりました。

20160514jfromback

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です